Python

Djangoのurls.pyのコマンド紹介(Python学習)

Djangoのurls.pyで使用するコーディングを紹介します。

urls.pyはルーティングの機能を持っている為、各アプリのチャンネル的な役割を担います。

1.urlpatterns

~~~~~サンプルコード始まり~~~~~~

from django.contrib import admin # ①とセット
from django.urls import path, include #④とセット 

urlpatterns = [
 path('admin/', admin.site.urls), ⇒①
 path('', include('【アプリA】.urls')), ⇒②
  path('', TemplateView.as_view(template_name='【トップ画面】.html'), name='home'),⇒③
 path('accounts/', include('allauth.urls')),⇒④
]
urlpatterns += static(settings_common.MEDIA_URL, document_root=settings_dev.MEDIA_ROOT)

~~~~~サンプルコード終わり~~~~~~

【解説】

urlpatternsのリスト変数でurlマッチングを行います。

①pass(‘ admin/ ‘,admin.site.urls’)),

 ⇒https://<ホスト名>/admin~のリンク先に飛ぶ設定。管理者のサイトにアクセスするためのコード

②pass(‘ ‘,include(‘【アプリA】.urls’)),

⇒https://<ホスト名>で、https://<ホスト名>/【アプリA】/urls.pyにアクセスするためのコード

③path(”, TemplateView.as_view(template_name=’【トップ画面】.html’), name=’home’),

⇒認証が完了した後にTOP画面(例:index.html)にリダイレクトする設定

④pass(‘accounts/ ‘, include(‘allayth.urls’)),

ログイン画面へのアクセスするためのコード

python webアプリ
やっちゃえPython!工場勤務の初心者がPythonでwebアプリ制作に挑戦 pythonでWEBアプリの制作にチャレンジ webアプリの制作に初心者工場勤務のサラリーマンが独学でチャレンジし、その過程を記...

ABOUT ME
den
完全独学でWEBデザインを無謀にも挑戦している中年男。 工場勤務の会社員で3児の父。 チャレンジを忘れず、妻に怒られても心はおれず。 有益な情報を発信し、これを見ている人の為になればと思っています。
関連記事一覧