Python

Python学習記録-djangoのアプリ開発ファイル構成(工場勤務でもわかるまとめ)

Djangoの解説

WEBアプリ開発のファイル構成・特徴について

Djangoのことを理解する為に、まずはどのようなファイルを作成する必要があるのか?、各ファイルの役割は何か?を理解することからはじめてみました。

(1)ファイル構成-プロジェクトとアプリの構成を明確化しておく

まずは、Djangoのプロジェクト作成コマンドを実行した際に自動作成されるファイルとフォルダを下に示しておきます。

まだ具体的な機能を持ったアプリのない状態ですので、あくまでこれらがプロジェクトの全体制御をこれらファイルで行うと認識しておけばいいと思います。

プロジェクトを作成するには、Python仮想環境化で以下のコマンドを入力する

⇒プロジェクト作成コマンド「django-admin startproject private_diary

プロジェクト作成時に自動作成されるファイル構成

続いて、実際にアプリを作成した際のファイル構成を下に示しておきます。アプリケーション用のディレクトリがプロジェクトディレクトリ直下に追加された状態になっています。このアプリケーション用ディレクトリを増やしていくことで、様々なアプリケーションを追加していくことができます。

アプリを作成した際のファイル構成

(2)ファイルの特徴紹介

各ファイルの特徴について学んだことをまとめておきます。

①urls.py(url.pyの俗称「URLConf」)

Djangoの機能「urlディスパッチャ」を行う為のファイル。urlディスパッチャとは、記述されたURLを認識して、必要なページへのアクセス処理を行うシステムのことをいう。このシステムは言い換えると、所定のキーワードやパターンがURLに含まれている場合、あらかじめ決めておいたURLを作成し、そのURLにアクセスする処理のことを言います。

urlディスパッチャには2つの種類が存在するので少しややこしいです。

Ⅰ:「プロジェクト全体のurl.py」 ⇒プロジェクト作成時にDjangoにより自動作成されるファイル

Ⅱ:「アプリ個別のurl.py」⇒各アプリケーション作成時に自動作成されないため、自分でファイルを作成する必要がある。


python webアプリ
やっちゃえPython!工場勤務の初心者がPythonでwebアプリ制作に挑戦 pythonでWEBアプリの制作にチャレンジ webアプリの制作に初心者工場勤務のサラリーマンが独学でチャレンジし、その過程を記...
ABOUT ME
den
完全独学でWEBデザインを無謀にも挑戦している中年男。 工場勤務の会社員で3児の父。 チャレンジを忘れず、妻に怒られても心はおれず。 有益な情報を発信し、これを見ている人の為になればと思っています。
関連記事一覧